BOSCH  
Agliculture IOT

CLIENT : BOSCH / YOMIURI KOUKOKUSHA
 

Plantectは、主に中小規模農家向けの温室内環境モニタリングIoTサービスです。ハウス栽培に適切な環境モニタリングに加えて、病害感染リスクを予測(業界初)し視覚化することで、生産性向上や健康な作物の栽培を支援するプロダクトのインターフェイスデザインを担当しました。

INSIGHT / PROBLEM

プロダクトはBOSCHが手がけるもので、センサーを内臓し、センシングデータをクラウドへ送信。あらゆるデータと合わせてAIが予測するというもの。プロダクトとシステムの方は出来上がっていましたが、ユーザーと関わる部分のUXデザイン、サービスにおけるインターフェイスを構築する必要がありました。

インターフェイス・デザイン事例

フォーデジットでは、まずは、ユーザーの利用想定をモデル化するため、ユーザーリサーチから開始。使い人が必要な情報とタイミングを定義し、シナリオを作成。どんな情報がどんなタイミングで必要となるのか、または、価値のある情報となりうるのか、を形にしながら、UIの設計を行いました。

プロダクトライン
インターフェイス・デザイン事例

RESULT / OUTPUT

実際のプロダクトに搭載されたインターフェイスは、普段テクノロジー活用に慣れていない方でも簡単に扱え、必要な情報を適切な表示がされます。プロジェクトは高く評価され、Good Design 賞を受賞。農業の未来を考える上でのエポックメイキングなプロダクトであり、IOTプロダクトのUI/UXをデザインするうえで重要な機会となりました。

CREDIT

  • PRODUCE : 内田 光紀 [読売広告社]
  • PLANNING / DIRECTION : 矢部 一樹
  • ART DIRECTION / DESIGN : 渡部 聡
  • CODING : 阿部 卓也