「EC連携インタラクティブサイネージ」×「アバター遠隔接客」による
デジタルストア出店の実証実験をNTTデータと共同で開始。
~ 省スペース化&省力化による将来的な一坪デジタルストアの実現へ ~

NEWS 2019.03.15
 
NEWS

デジタル領域におけるデザインを提供する株式会社フォーデジット(以下:フォーデジット)は、株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)と共同で、三井不動産株式会社(以下:三井不動産)の協力のもと、デジタルデバイスやAI技術を活用して、販売員が不在の店舗においても消費者に商品を提案・訴求・販売するためデジタルストアの実証実験を2019年3月8日から開始しました。

本実証実験では、NTTデータの協力のもと、三井不動産が開発・運営を手掛ける「三井ショッピングパークららぽーと海老名」の一角に、販売員が常駐せずにインタラクティブサイネージで接客を行うデジタルストアを設営します。サイネージ前に取り付けたカメラから、AIが消費者の性別および年齢層を識別推定し、消費者に応じた商品提案を行い、その提案によって消費者の購買行動に変化があるか等を検証します。また、2019年3月20日からAIによってオペレーターの動きと連動したアバターを介して販売員が遠隔地から店舗内の消費者に対して接客を行い、アパレル商品に対する遠隔接客の有用性についても検証します。これにより、限られた人員とサイネージを設置する一坪程度のスペースでも消費者のニーズを満たすデジタルストアを運営することが期待できます。

<背景>

近年、いつでもどこでも欲しいものが購入できるEコマース(以下:EC)の発展・浸透により、リアル店舗のあり方が問われています。また、社会的な労働力不足により、顧客一人一人のニーズに応えられる商品知識を持った販売員が不足していて、デジタルの力を用いてこれを補い、経験の浅い販売員をサポートする必要性が高まっています。

本プロジェクトにおいて、フォーデジットは以下のデザインを担当しています。

■体験デザイン
デジタルストアでの購買において、インタラクティブサイネージを通して一人ひとりに合わせたスタイルの提案や、これまでの三井ショッピングパークららぽーと海老名では出会うことができなかった商品に出会えるユーザー体験をデザインしました。

■ストアコンテンツ制作
購買体験を支えるインタラクティブサイネージのコンテンツとして、商品に出会い、選ぶためのインターフェイスデザインや機能設計を行い、実際のお客さまが利用するシーンに合わせて調整や検証を重ねながら実装しました。

■実証実験
デジタルストアを利用したお客さまの購買体験をよりよくするために、インタラクティブサイネージコンテンツのログデータや実際に利用したお客さまへのインタビューを元に、より良い購買体験を描くための検証を行います。

本実証実験を通じて、NTTデータの協力のもと、店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化の効果を確認し、今後店舗デジタル化市場のシェア拡大を目指します。

<イベント概要>

■イベント名:ららぽーと公式通販サイト”&mall”特別企画 『2019年上半期 星座で占うラッキーカラースタイル』 supported by KIKONAS(注2)

■実施期間:2019年3月8日~31日(遠隔接客は2019年3月20日~31日)

■実施場所:三井ショッピングパークららぽーと海老名 4F EBICEN flatto

<協力会社一覧>

・株式会社NTTデータ
・株式会社アイリッジ
・株式会社DGマーケティングデザイン
・ピーディーシー株式会社
・株式会社UsideU

(注1)今回の実証実験は女性客のみ対象となります。
(注2)KIKONASは、ららぽーと・ラゾーナが、ファッションやメイクの最新トレンド、日々を心地よく過ごすヒントなどの情報を掲載するウェブマガジンです。

ニュースに関するお問い合わせ
広報担当 Tel. 03-5770-8711